伊豆城ヶ崎海岸にあるハーブガーデン
なぜ野草暮らしなのか

なぜ野草暮らしなのか

教師として30年近く勤務していた私は、子どもたちが変化してきているのを感じていました。

そして、その原因は生活習慣のせいなのではないかと思っています。

食べ物はもちろんのこと、外遊びをせず、部屋の中でゲームやスマホばかり。

公園でもさえもゲームをしているのを見かけます(^^;;

住んでいる環境もコンクリートに固められており、遊び盛りの子ども時代を、塾通いで過ごす子どもも多いようです。

塾に通わせていれば安心という親も多いのではないでしょうか。

子ども時代の実体験が少ないせいか、「考えること」が苦手な子どもが多いと感じます。

また、失敗体験が少ないので、チャレンジ精神もありません。

自分に自信がなく自己肯定感が低いのはそのせいかもしれません。

   

ハーブやアロマは手軽に植物を活用できる方法だと思うのですが、市販の乾燥ハーブはなんとなく物足りなさを感じます。
(私の感覚ではエネルギーを感じないものが多い) 

エッセンシャルオイルは植物の芳香成分のみですが、成分が濃縮されているのでパワーはあります。

でも、やはり使い方は薬に近いような気もします。

もっとも、身近なアロマは合成のものが多いので、かえって害になるかもしれません。

     

一方、植物そのもの自然そのものから受け取るエネルギーは全然パワーが違うと感じています。

何より私自身が、庭しごとで大地を踏みしめ、太陽の光を浴び、天地宇宙とつながることで、ものすごいパワーを受け取っています。

ですから、自然の中で植物と触れ合うことがとても大切だと思うのです。

特に土と触れ合うことが重要だと感じています。

最近話題の、コロナウイルスに効果的だといわれているイベルメクチンも、静岡県の土壌菌から発見された成分です。

土壌菌は、ウイルスに有効なだけでなく、腸内環境を整えるともいわれています。

土いじりはいろいろな意味で健康のために有効なのです。

      

農業体験・自然体験などがおすすめですが、まずはプランターで植物を育てるだけでも良いと思います。

植物を育てる過程で学ぶことはたくさんあります。

もっとも、私はあまり生き物を育てるのは得意じゃないんですね。

どちらかというと放任主義で、あまり面倒見が良くないのです。
(子どもは1人いますが、よく育ってくれました(^^)

そらにはハーブ園も、ガーデニングなんていうオシャレなもんじゃありません。

ハーブ園というより自然園といったほうがいいかもしれません。

家庭菜園にも挑戦したのですが、あまりうまくいきませんでした・・・。

やはり私は、自然に存在する植物を生かす方が得意のようです。

そんなわけで、今は野草を活用する方法を学び実践しているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です