伊豆城ヶ崎海岸にあるハーブガーデン
このあたりでは邪魔者扱い〜カラスザンショウ

このあたりでは邪魔者扱い〜カラスザンショウ

伊豆城ヶ崎海岸周辺によく生えている植物の1つにカラスザンショウがあります。

    

サンショウよりも葉が大きく成長も早いので、この辺りでは邪魔者扱いです。

庭で草むしりをしていると、小さな芽生えがたくさんみられます。

細かいトゲがたくさんあるので、気をつけないとチクッとします。

でも、芳香はサンショウよりも華やかで、自己主張があります。

カラスザンショウがいると、なんとなく香りがするのでわかります。

「お〜、お前そこにいたのか〜」なんておもわず声をかけてしまいます。

トゲに刺されないようにそ〜っとつかんで優しく根っこごと引っこ抜きます。

放っておくと2〜3メートルにも成長してしまい、そうなると駆除も大変なので、早めの退治が肝心です。

でも、サンショウよりも華やかな香りがするので、私はけっこう好きですね。

サンショウの香りがアルトだとしたら、カラスザンショウの香りはソプラノという感じです。
(想像できますか?)

そんなわけで、迷惑にならないところのものは残しています。

ふつうは食用にされていないようですが、サンショウと同じように使えます。

トゲがサンショウに比べて細かいので、扱いが少し厄介です。

トゲに刺されないように注意深く葉をはずさなければいけません。

「カラス」と名のつく植物はいろいろありますが、人の役には立たないという場合に使われているようですね。

そうはいっても、中国では香辛料や薬用として使用されているそうですし、駆風・健胃作用もあるようです。

カラスザンショウ以外にも、通常使われていないけれど使える植物はたくさんあります。

そんな植物を今後も紹介していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です