伊豆城ヶ崎海岸にあるハーブガーデン
アーユルヴェーダで珍重される若返りハーブ〜ツボクサ

アーユルヴェーダで珍重される若返りハーブ〜ツボクサ

私の経験的に、「家の庭にはその人に必要な植物が生えてくる」と感じています。

ですから、庭に自然に生えてくる植物を知ることはとても大切なことです。

そらにはハーブ園で自然に生えてきた植物の中で、とても嬉しかった植物の1つがこちら、ツボクサです。

     

ツボクサと似ている植物として、チドメグサやカキドオシがあります。

チドメグサは葉の切れ込み方が少し違いますし、カキドオシはシソ科なので、葉をもむといい香りがします。

シソ科のカキドオシは茎の断面が四角いので、それも見分けるポイントです。

ツボクサはセリ科なのでいい香りはしませんし、茎の断面も丸い感じです。

なぜツボクサが生えてきて嬉しかったかというと、ツボクサはアーユルヴェーダで「ゴッコラ」と呼ばれる神聖なハーブだからです。

ツボクサはアーユルヴェーダでは若返りの薬草として珍重されており、もっとも重要なハーブの1つとされているそうです。

そんな素晴らしいハーブが自然に家の庭に生えてきたのです。

嬉しくないはずがない!

       

このツボクサはお茶として利用されているようですが、私は生葉をそのまま味噌汁に入れて丸ごと食べてしまいます。

私としてはお茶殻を捨てるのがもったいないので・・・(^ ^)

セリ科なのでほんのり苦味がありますが、比較的食べやすいです。

ツボクサに限らず、丸ごと食べられるものは丸ごと利用する。

これがずぼら魔女の野草の使い方です。

たいていのものは味噌汁に入れれば食べられますよ(^_^)

あ、1番いいのは天ぷらなのですが、油を大量に使うし、後片付けが大変なので、ずぼら魔女はやりません!

     

もう1つ、ツボクサの使い方は、グラウンドカバーとしての利用です。

ほふく状に広がって増えるので、そのままにしておけば雑草除けになります。

ツボクサ以外でも、ほふく性の植物はグラウンドカバーとして使えますので、雑草が生えてきたらまずは観察してみてください。

ずぼらガーデニングにお役立ちの植物がきっとあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です